« ぐんま県民マラソン2012 | トップページ | OK!ナイスプラン&デザインです »

2012年11月 5日 (月)

T様邸 渋川  地盤調査です

T様邸の地盤調査です

スウェーデン式サウンディング試験

おっ!今日は機械ですね。

S20121105_084757

なんといっても土台です、

この土台がこの家を一生支えて行くわけで、

ここがガッチリしていないと家が傾いてしまうなんてことにも

なりかねません。

調査の流れは

1、スクリューポイントをロッドの先端に取り付け、

調査ポイントに対して鉛直に設置します。

2、ロッドに段階的に荷重(0.05kN→0.15kN→0.25kN→
0.5kN→0.75kN→1.0kN)をかけ、スクリューポイントが

地中に貫入するかを観察します。途中で沈んだ場合は、

その重さと貫入した距離を記録します

3、1.0kNの荷重でも貫入しない場合は、

そのままハンドルを回転させ、強制的にロッドを貫入させます。

ロッドを25cm貫入させるのにハンドルを

何回転させたかを記録し、地盤の性状を判断します。

こんな感じです。

特長

[長所]

  • 体が入る程度のスペースが確保できる場所であれば調査が可能です。
  • 短時間で調査ができる為、調査費用はボーリングに比べて安価に抑えることができます。
  • 地盤の硬さ、締まり方の細かな変化を把握する事ができます。
  • 調査点数が多いので地盤の変化を的確に捉えられます。

[短所]

  • 土の採取が困難で、正確な土質判定が難しい。
  • 盛土に大きな礫やガラがあると調査が難しい。
  • 硬い地盤に到達すると貫入困難になり、厚さの確認ができない。

アキュテックより

http://www.e-accutech.com/

« ぐんま県民マラソン2012 | トップページ | OK!ナイスプラン&デザインです »

T様邸 カーサ・アマーレ in渋川 ”T”スタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: T様邸 渋川  地盤調査です:

« ぐんま県民マラソン2012 | トップページ | OK!ナイスプラン&デザインです »

最近の記事と写真

  • 2018zeh_1
  • Zeh2019
  • 2019zeh
  • 08_original
  • Photo_20200115095901
  • Photo_20200114142401
  • 2
  • Photo_20200114142402
  • Photo_20200114142601
  • 2018zeh
  • 4w6a58385_1_2
  • Amare2
  • 20170708102447
  • 20431750_1436606073097156_614555388
  • _2
  • 20170818_095350
  • Dsc_1299_original
  • Dsc_1301_original
  • Dsc_1639_original
  • Photo
  • 20170708102519
  • 20170708102715
  • House2_02
  • House3_01
  • 19059318_1394323870658710_920410025

カテゴリー