« 見学会来場 お礼! | トップページ | でかい倉庫で・・ »

2010年2月 7日 (日)

見学会来場 お礼!2 「樹」を育て「里」を守る

たくさんの方にご来場いただきました。

伝えたかったこと

渡せなかったお客さんがいたのでここに載せます。

2010020612220000_2

①家づくりで日本の山を守る (近くの山の木で家づくり)

日本 は国土の67%、

2500haの森林面積を持つ世界有数の森の国です。

日本の木造住宅で使われる木は、80%近くが輸入材です

ドイツ ではおよそ百年間、全土で「森林再生」と「林業再生」が取り組まれ、1000万ヘクタールの森をつくり直してきて、「森を使って生かす」森林国となることができている。「多様な森づくり」に取り組んで、針葉樹・広葉樹混合の、天然更新を重視する大径木づくりが行なわれており、それが林業の効率的な経営につながっている。養老委員会「提言「石油に頼らず、森林(もり)に生かされる日本になるために」

サケが森をつくっていた。サケは自らの身体で海の窒素「N15」を川へ運んで、それがクマによって森へ運ばれ、森の栄養になっていたのです。

まさに、「森」と「川」と「海」がつらなり、つながって生きていることを、これが教えてくれています

「森がなくなると海が死ぬ」といわれるように森と海は川によって見えない絆で結びついているのです。

だからこそ、「命の森」溢れるような豊かないのちが息づく森を大切にすることは、つながりをもっている命全体を保全することになります。

割り箸 もともと割り箸は端材や間伐材を生かしたもので、むしろ森を守っていたのです。が、

国内の生産量はいまやわずか2%。海外での割り箸製造は原木をまるまる使うもので、海外の森を割り箸にして使い捨てているというのが現状だ。お墓の卒塔婆も80%が輸入材

② 住まいづくりで地域の種を守る (お庭に一坪里山を)秋の七草で知られる桔梗(ききょう)などは絶滅危惧種に指定されています。

自生種の樹木や草花が次々に「絶滅危惧種」に指定されるなかで、

家の庭を「種の保存」をはかる試みを進めています。

意識的に空地をつくり、そこに地域の植生を残す。

『樹』をそだて『里』をまもる

私たちは小さな工務店です。私たちの家づくりだけでは、小さな力ですが、それでもその小さな、運動、一人ひとりのわずかな気持ちの変化が、次世代の子供たちへの大きな贈り物になるのではないでしょうか。

           

                       

2010020615350000

« 見学会来場 お礼! | トップページ | でかい倉庫で・・ »

見学会・勉強会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547488/47499036

この記事へのトラックバック一覧です: 見学会来場 お礼!2 「樹」を育て「里」を守る:

« 見学会来場 お礼! | トップページ | でかい倉庫で・・ »

最近の記事と写真

  • House3_01
  • House2_02
  • 19059427_1394323917325372_171413047
  • 19221717_1394377113986719_569790245
  • 19059318_1394323870658710_920410025
  • Dsc_1152_original_2
  • 18836640_1385619534862477_271039549
  • 18879967_1385622221528875_257941246
  • 18882264_1385067274917703_484045365
  • Dsc_1064_original
  • 18740250_1378454662245631_229922946
  • 18739645_1378454648912299_719308395
  • 18765906_1379179805506450_466069234
  • 18698169_1379179792173118_779002137
  • Dsc_0910_original
  • Dsc_0909_original
  • R0010192_20170520161219_original
  • Sdsc_0824_original
  • Photo_2
  • Photo
  • Dsc_0741
  • Dsc_0740
  • Dsc_0739
  • Photo_2
  • Mov_0669_1172_original

カテゴリー